■ 緊急避妊ピル
■ 低用量ピル


緊急避妊ピル

緊急避妊とは

緊急避妊とは、あなたが避妊をしないでセックス、または、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こった場合などに、妊娠を防止するという方法です。
その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルの服用で、ほとんどの女性にとって安全かつ有効な方法です。
但し、緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。


緊急避妊ピルにはどんな効果があるのですか?

排卵を抑制する、受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止する等によって避妊します(月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかによって作用の仕方が変わります)。
但し、妊娠の成立とは,受精卵が子宮内股に着床することなので、いったん着床してしまったら、すなわち妊娠が成立した場合には、緊急避妊ピルが無効となりますので、ご注意ください。


いつまでに服用する必要があるのですか?

緊急避妊ピルは,無防備なセックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用する必要があります。72時間 (3日)が既に経過していた場合、緊急避妊ピルの服用は十分な効果を期待できません。緊急避妊ピル服用後2時間以内に吐いてしまった場合、医師に相談して下さい。時には追加して服用する必要があります。ピル服用後2時間を経過しての嘔吐であれば心配はいりません。


どの程度の効果があるのですか?

緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが100%ではありません。
一般的に、正確に服用したとしても2〜3%の失敗率(妊娠率)があるとされています。仮に緊急避妊ピルが頻繁に使用されたとしても、経口避妊薬を避妊目的で継続的に使用している女性に比べて妊娠率はかなり高くなります。


安全性は大丈夫ですか?

世界では、1970年代の半ば頃より、緊急避妊ピルを使用されてきました。症例としては少ないですが、出血、頭痛、悪心などの副作用が現れる等の副作用があります。ただ、これらの副作用は24時間以上継続することはありません。なお、経口避妊薬についても同様ですが、服用に際して、注意を要する必要のある方もいらっしゃいますので、多少なりとも不安のある方は、処方される医師にご相談ください。


服用後の注意することはありますか?

とくにありませんが、緊急避妊ピルが本当に効いたかどうかは、服用後すぐにわかるものではありません。不正性器出血や妊娠初期の出血を月経と区別できない場合もありますので、処方された医師の指示によって再来院してください


緊急ピルを服用して妊娠してしまった場合に赤ちゃんに影響がありますか?

今まで報告されている限りでは、生まれた赤ちゃんに異常があったということはありません


どのように緊急避妊ピルを服用するのですか?

無防備なセックスが行われた後、72時間以内にできるだけ速やかに緊急避妊ピルを服用して下さい。72時間 (3日)が既に経過していた場合、緊急避妊ピルの服用は十分な効果を期待できません。緊急避妊ピル服用後2時間以内に吐いてしまった場合、医師に相談して下さい。時には追加して服用する必要があります。ピル服用後2時間を経過しての嘔吐であれば心配はいりません。


緊急避妊ピルは性感染症の予防できますか?

緊急避妊ピルは、エイズを始めとした性感染症(例えば梅毒、淋病、クラミジア、ヘルペス)を予防することはできません。あなたがエイズや他の性感染症に感染していないかどうかお悩みでしたら、医師にご相談ください。

ノルレボ錠

性交後72時間(3日)以内:速やかにノルレボ錠1錠服用


緊急避妊ピル ノルレボ錠 1回分:13500円
▲ページ TOP


低用量ピル

1999年から、日本でも低用量ピルが認可されるようになりました。 低用量ピルは、これまで日本で用いられてきた中・高用量ピルに比べて、ホルモン量が半分以下に軽減されているため、ホルモン剤服用に起因する副作用はかなり軽減されています。
その反面、低用量ピルは中・高用量ピルと同様に、正しく使用した場合に避妊に対して 100%に近い効果を示すだけでなく、月経不順や月経困難症の改善、子宮内膜症の治療効果、卵巣がん・子宮体がんの予防にも効果があるとされています。
このように、低用量ピルは経口避妊薬としての用途以外にも女性にとってメリットが多いので、医師とご相談の上、正しい理解のもとにご利用下さい。

トリキュラー28

当クリニックでは、日本で一番よく使われている低用量ピルのトリキュラー28を採用しております。
トリキュラー28の、処方にあたっては、経口避妊薬についての一般的情報や、服用方法・服用上の注意事項などについて記載された「服用者向け情報提供資料を一緒にお渡ししています。


低用量ピル(経口避妊薬) トリキュラー28 28錠:2940円(税込み)
▲ページ TOP